お尻ニキビの原因と対策について!

お尻にきびができる原因!

 

お尻ニキビ 原因,お尻ニキビ 粉瘤

「アクネ菌を撃退して、つるつるのお肌に!」こんなキャッチコピーを目にしたり耳にしたりする機会が多いですね。

 

このような宣伝文句でご紹介されている製品やサービスといえば、ニキビ対策。

 

 

ニキビの原因として思い出されるアクネ菌ですが、実は肌のバランス状態を制御して、通常の状態にキープするために絶対必要な常在菌の一つ。

 

常在菌が体に存在することで、お肌のトラブルや病原体となる微生物を撃退してくれるのですが、何らかの原因でバランスが崩れることによって、トラブルの一つとなってしまうことがあるのです。

 

アクネ菌の特徴は皮脂を好み酸素を嫌うということ。なので皮脂の分泌が活発なパーツにはアクネ菌が集まりやすくなり、その結果ニキビができてしまうのです。

 

ニキビといえば顔にできてしまうものと思われがちですが、実は体のあらゆる部分にできてしまうものなのです。意外なところでお尻にもできてしまうこともあります。

 

お尻は体の中でも皮脂の分泌が活発なパーツの一つです。座っているときは腰やお尻に体重がかかってしまいます。

 

入浴中以外はほぼ、衣服におおわれています。ですのでお肌への刺激が強くなることで角質化してしまい、毛穴が非常に詰まりやすい状態なのです。

 

この二つが、お尻にニキビができやすくなる要因といえます。

 

粉瘤とはいったい何?

 

お尻ニキビ 原因,お尻ニキビ 粉瘤

普段のお手入れの際にもなかなか手に届きにくいお尻。

 

気づいたら吹き出物ができていた、なんてことありませんか?

 

お尻にできてしまう吹き出物には、ニキビの他に「粉瘤」と呼ばれるものもあります。

 

粉瘤とは、皮膚の下に何らかの原因でできた袋状の構造物の中に、垢や皮脂がはがれおちずに溜まることでできてしまった腫瘍のことです。

 

粉瘤はしこりになっていてとても固いです。このしこりの中央部分に黒い「へそ」と呼ばれる部分があります。このへそがニキビとの違いを判別する一つといわれています。

 

ニキビはスキンケアやニキビ治療薬で治すことが可能ですが、粉瘤はできてしまうと日常生活に支障をきたしてしまうことがあるので、治療としては皮膚科を受診して除去手術を行うという手段を講じないといけません。

 

ニキビにせよ粉瘤にせよ、お尻周りのケアは手が行き届きにくく容易にチェックできるパーツでもありません。

 

ですので入浴中の時間 を有効に活用して出来る限りこまめにお手入れを施すことが最適な対策の一つだといえます。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る