お尻ニキビ跡を綺麗に治すには?

お尻にきび跡をタイプ別に治す!

 

お尻ニキビ 改善方法,お尻ニキビ跡 改善方法

お尻にできてしまったニキビがせっかく治ったのに跡が残ってしまった・・なんて経験がある方も少なくないのではないでしょうか。

 

ニキビができてしまうと、ついつい気になって触りすぎてしまったり、早く治したくてつぶしてしまったり・・そんなことは絶対にしてはいけません。跡が残ってしまうと、なかなか治ら ず苦労します。

 

では、できてしまったニキビ跡をなくすにはどうしたらいいのでしょうか。ニキビ跡のタイプ別に改善方法をご紹介していきます。

 

色素沈着タイプ

茶色っぽくシミに似た状態のニキビ跡です。これは、炎症を起こしたニキビが紫外線を浴びすぎたりすると「肌を守ろう!」と思い、大量のメラニン色素が発生します。

 

その時に肌のターンオーバーが不十分であると、色素が排出されずに肌に残ってしまい沈着してしまったものがニキビ跡として残ってしまったものです。

 

このタイプのニキビ跡には、美白効果のあるコスメなどを使い、肌のターンオーバーを整えてあげることが大切です。

 

炎症タイプ

赤みが残っている状態のニキビ跡です。このタイプのニキビ跡は、きち んとケアしてあげれば比較的治りやすいです。

 

このタイプのニキビ跡には、ビタミンCの摂取を心がけるようにするとよいでしょう。ビタミンCには、肌のターンオーバーを整える働きがあります。

 

また、皮脂の分泌を抑制する働きがあります。炎症の原因となるアクネ菌は、油分をエサとして働きを活発化させるため、皮脂を抑制することは、炎症を抑えるために大変効果的です。

 

しこりタイプ

炎症が繰り返しおこった時にできてしまう、もりあがりしこりのようになってしまったニキビ跡です。

 

クレータータイプ

肌の表面がでこぼこになってしまったニキビ跡です。これは、肌の奥深くの部分までダメージが及んでしまったことが原因です。アクネ菌などの死骸が肌に残り、肌がそれを急 いで修復しようとした結果、肌の表面がでこぼこになってしまったものです。

 

炎症タイプと色素沈着タイプのニキビ跡は、自宅でのケアで治していくこともできますが、クレータータイプとしこりタイプのニキビ跡は、自宅では治りません。病院での治療が必要となります。

 

ニキビができても、跡が残らないよう、日頃から肌のターンオーバーを整えることを心がけていきましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る