お尻ニキビを治す治療薬について!

お尻ニキビが出来る原因!

 

お尻にきび 薬,お尻にきび 治療薬

気付いたらお尻にブツブツ・・。すぐに治るかと放っておいたらなかなか治らず、なんだか増えてきた・・・。

 

そんな嫌なブツブツ、お尻ニキビについてお話しします。

 

お尻ニキビができる原因には、長時間座っていることによるリンパの流れの悪化します。

 

下着により常にしめつけられていること、シャンプーやトリートメントなどの洗い残しなど、日常の生活の中で、毛穴がつまり、お尻の皮膚が角質肥大してしまうことが原因と考えられます。

 

また、常に衣服に接していたり、長時間座っていることにより、圧迫されていたりすることから、1度できるとなかなか治りずらく厄介です。

 

自宅でできるケアとしては、
◆下着の素材を変える・・・肌に良い天然素材のものなどを選ぶとよいでしょう。

 

◆しっかり保湿をする・・・普段、なかなかお手入れが行き届きずらい場所であると思いますが、乾燥すると。肌の角質がどんどん肥大し、ニキビを悪化させてしまうことになります。お風呂上がりなど、しっかり保湿をしてあげましょう。

 

◆生活改善をし、肌のターンオーバーの乱れを整える・・・肌のターンオーバーを整えてあげることで、肌の回復がはやくなり、ニキビが治りやすくなります。などがあります。

 

お尻ニキビを治す薬について!

 

お尻にきび 薬,お尻にきび 治療薬

また、お尻ニキビをきれいに治すには症状にあったケアグッズや外用薬を使っていくことも必要です。

 

お尻専用のピーリングジェルを使い、お尻の古い角質や毛穴のつまりを取り除いてあげましょう。そして、皮膚科などで処方してもらった薬をつけていくと治りが早いと思います。

 

お尻にできたブツブツがニキビではなく、おできや粉瘤と呼ばれるものである可能性もあります。おできは、毛穴の奥の毛包という部分に最近が入り込んで化膿したものです。

 

粉瘤とは、何かのきっかけで垢や脂が内側に溜まってできる良性の腫瘍です。粉瘤を完治させるには、手術が必要になります。

 

お尻のブツブツがいつもと違う様子であれば、早めに病院で医師に相談しましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る