口周りにきびの様々な原因について!

口周りニキビの原因は主に3つある!

 

口周りにきび 原因,口周りニキビ 特徴

思春期は皮脂の過剰分泌が原因でできるニキビが多く、場所はTゾーンに集中します。

 

それに対し、大人になると口の周りや顎などのUゾーンにできることが多くなります。

 

また、原因は単純な皮脂の過剰分泌に限らず、複数あるのが特徴です。

 

今回はその大人ニキビの中でも口周りにできるニキビに注目し、その原因を紹介していきます。

 

口周りに出来るニキビの原因とは?

 

口周りにきび 原因,口周りニキビ 特徴

口周りにできるニキビには主な原因が3つあります。

 

1つ目はストレスによるホルモンバランスの乱れです

 

ストレスが溜まると男性ホルモンが多くなり、皮脂の分泌が増え、これによりニキビができやすくなります。

 

あと女性はストレスではなく、生理前に月経の影響でホルモンバランスが乱れることが原因の場合もあります。ストレスが原因の場合の対処法は、肌に対する直接なケアの前にストレスの発散が大事です。

 

早寝早起きなどの生活習慣にも目を向けることも大切です。しかし、無理をすると逆にそれがストレスになることもあるので、適度な範囲で行うといいでしょう。

 

2つ目の原因は、胃腸の働きの低下です

 

アルコール類の摂取過多や偏食、不規則な食事時間などにより胃腸に負担がかかり、ニキビができてしまいます。

 

対策は脂っこい食事や偏った食生活をやめ、バランスの良い食事を心がけることが1番です。

 

ビタミンB群の摂取はニキビ予防に必要です。また、就寝直前や真夜中にご飯を食べることも消化に良くないので注意しましょう。

 

最後3つ目の原因は、男性だと 髭剃り、女性だとメイクです

 

まず男性ですが、顎や口周りの髭は毎日剃る人が多いですよね。毎日行っているとカミソリの刃が傷んでいたり、急いでいたりして誤って肌を切ってしまうことがあります。

 

それによりできた傷や、不衛生な刃から毛穴に入った雑菌によりニキビができてしまうのです。また、元々できていたニキビが炎症を起こして悪化してしまうこともあるので気をつけましょう。

 

そして女性の場合は、ファンデーションや油分の多い化粧品をつけすぎると毛穴を塞いでしまい、それがニキビの原因になります。メイクをしたまま寝たり、長い時間したままにしたりしておくことも避けましょう。

 

ニキビの原因は1つではありません。その原因により対策も変わるので、肌の直接ケア以外 にも目を向けてみて下さいね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る

口周りニキビの原因は主に3つある!関連ページ

口周りの吹き出物について!