10代のニキビの原因や対策とは?

思春期ニキビにはこれが効く!?

 

10代思春期ニキビ,10代思春期ニキビ 対策

さまざまな肌トラブルの中で、私たちにとって最も身近なのは、、、「ニキビ」ではないでしょうか。

 

特に、中高校生の「ニキビ」は「思春期ニキビ」と言われていて、まさに“思春期”の少年少女を悩ますとってもやっかいな存在ですよね。

 

ニキビさえ無ければ、もっと笑顔で過ごせるのに・・・なんて思う子も少なくないはず。

 

ニキビは世代を問わず私たちを悩ませる存在でありますが、今回は10代の「思春期ニキビ」に焦点をあててみたいと思います。

 

そもそもニキビってなに?

 

毛穴がつまってしまい、炎症を起こした状態が、あの“ブツブツ”なんです。

 

ではなぜ私たちの毛穴は詰まってしまうのでし ょうか?

 

主な原因は、「皮脂の過剰分泌」だと言われています。

 

成長ホルモンの分泌が理由?

 

10代思春期ニキビ,10代思春期ニキビ 対策

10代と言えば、、急に身長が伸びたり、体つきが女性らしくなってきたり、私たちの体が急激に大人に近づいていく時期ですよね。

 

これらはつまり「成長ホルモン」が分泌されることにその理由があります。

 

しかし困ったことに、この「成長ホルモン」は私たちの皮脂線を刺激し、皮脂の過剰分泌を促してしまう働きをもっているのです。

 

皮脂が分泌されればされるほど、毛穴のつまりやすい状態になるので、その分ニキビのできるリスクも高まりますよね。

 

さらに皮膚には、ニキビの大敵「アクネ菌」と呼ばれる常在菌が存在します。

 

このアクネ菌は皮脂を好み、酸素を嫌うという性質があり、皮脂の過剰分泌された肌はアクネ菌の増殖を促します。

 

アキネ菌は大好物の皮脂を分解し、脂肪酸を作り出しますが、この脂肪酸こそがあのニキビの赤みに影響していると言われています。

 

ニキビを予防するにはどうしたらいいの?

 

最も簡単でポピュラーな予防法は、「洗顔」です。

 

アクネ菌を増殖させない、毛穴を詰まらせないためには、洗顔によって皮脂を取り除くことが一番の近道です。

 

専門家や皮膚科にかかっての治療も有効ですが、まず中高生でも自宅でできるセルフケアとして、“洗顔”を見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る