20代に出来る大人ニキビの原因や対策とは?

繰り返す大人ニキビにストップ!!

 

20代大人ニキビ,20代大人ニキビ 対策

ニキビは、年代によってもその性質や対策が異なるようです。

 

20代になると、おもに10代のころに多い思春期ニキビとは、また性質の異なるニキビができることがあります。

 

それがいわゆる大人ニキビです。

 

大人ニキビと、思春期ニキビはどう違うのでしょうか?

 

成長ホルモンにより皮脂分泌量が増え、毛穴が詰まってできるのが思春期ニキビでした。

 

20代に入ると皮脂量も徐々に落ち着き、今度は逆に乾燥に悩まされることになります。

 

皮膚が乾燥していると、乾燥から肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌されるようになり、今度はこれが原因で毛穴が詰まってしまうことがあるのです。

 

単にニキビができたから、といって執拗に洗顔すると、お肌に必要な油分まで奪ってしまい、逆にお肌にダメージを与えることにつながるので注意が必要です。

 

乾燥は百害あって1利なし!

 

20代大人ニキビ,20代大人ニキビ 対策

お肌の乾燥はニキビだけでなく、さまざまな肌トラブルの原因になります。また乾燥することでお肌のターンオーバーの機能を弱め、肌荒れやニキビの治りを遅くする原因にもなります。

 

そして10代から20代にかけて、一人暮らしを始めたり、学校を卒業して仕事を始めたりと、人生が急激に変化する時期でもあります。

 

新しい環境に身を置くことは、とても刺激的ではありますが、今まで経験したことのないストレスを感じたり、また生活習慣・食生活の乱れから、ホルモンバランスや、お肌のターンオーバーが乱れ、それこそが肌荒れの原因になることもあるのです。

 

このように、20代からの大人ニキビは、10代の「思春期ニキビ」と違って、さまざまな要因が複雑に絡み合ってできる、やっかいなニキビなのです。

 

そのため、「洗顔」が重視されている思春期ニキビのような短期的な解決がとても難しく、大人ニキビを繰り返さないためには、スキンケアに加えて、さらに生活習慣や食生活の根本を見直す必要があります。

 

・良質な睡眠をとる
・バランスのとれた食生活
・適度な運動
⇒ホルモンバランスと、肌のターンオーバーを整える

 

・メイクはしっかり落とす
・たっぷり保湿する
⇒汚れはしっかり落とし、スキンケアで人工的な皮脂膜をつくり、肌を保護する

 

すべて、とても基本的なことです。

 

ニキビを治すために、たくさんのお金をかけたり、有 名な専門医にかかったとしても、根本的な問題を解決しないままでは、同じことを繰りかえすだけなのではないでしょうか。

 

スキンケアを変える、高い化粧品を買うその前に、今一度自身の生活環境を振り返ってみてはいかがでしょうか。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る