50代のニキビ対策は更年期障害がキーワード!

50代でもニキビが出来るの?

 

50代大人ニキビ,50代大人ニキビ 対策

年齢とともにお肌の水分量・皮脂量は減少していきます。

 

ニキビの原因といえば 皮脂と、それを好むアクネ菌の存在ですよね。

 

皮脂量の少ない50代でもニキビができるなんてと感じる方もいらっしゃるかと思います。

 

しかし年齢を重ねても皮脂量の衰えない部位もあるのです。

 

それがいわゆるTゾーンです。Tゾーンはテカってるのにあごや頬はカサついてる・・なんて方も多いのではないでしょうか。

 

ニキビは、皮脂が過剰に分泌されている状態はもちろん、乾燥が原因でもできます。したがってこの混合肌の方は、とても大人ニキビができやすい状態だと言えます。

 

また、50代のニキビ対策に外せないのは、更年期障害というキーワードではないでしょうか。

 

更年期って・・?

 

50代大人ニキビ,50代大人ニキビ 対策

女性が閉経を迎える、前後10年ほどの期間を更年期と呼びます。

 

年齢でいうところの、おおよそ45〜55歳を示すことが多いようです。

 

女性は、40代を過ぎたころから徐々に卵巣機能が低下し始めます。

 

そして、それに伴いこの卵巣から分泌される、女性ホルモンエストロゲンが減少することで、及ぼされるさまざまな不調を「更年期障害」と呼んでいます

 

たとえば・・・
・体がほてる、のぼせる
・汗が大量に出る
・ストレスや倦怠感を感じる
などがあります。

 

これらの症状から、血液や分泌系に不調が出ていることがわかります。また、この症状には個人差があり、また日によっても別々の症状が出ることがあるようです。

 

更年期障害によって、血行不良や皮脂の過剰分泌が起こりやすくなっており、それが50代の大人ニキビ特有の原因だと言えます。

 

50代のニキビはしっかり保湿

 

スキンケアとしてできる対策は、優しく洗顔、そしてしっかり保湿、これに尽きます。

 

更年期障害で不安定になりがちな肌に優しい洗顔料と、そして年齢肌には不足しがちなセラミドやヒアルロン酸を補ってくれるような基礎化粧品を選ぶとよいでしょう。

 

更年期は、女性にとって避けては通れないターニングポイントです。体調や症状に合わせて、それぞれがうまく付き合っていくほかありません。

 

更年期障害や、ニキビをより深刻化させないためにも、心と体のバランスを整えることが重要です。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る