ニキビ薬って本当に大人ニキビに効果があるのか?

ニキビ薬は本当に効果があるのか?

 

同窓会が目前に迫っているのに大きな赤ニキビが!という状況では、根本治療では間に合いませんね。そんな時に活躍するのが、ニキビ薬です 。

 

ニキビ薬は、入手方法によって分けられます。まずは、皮膚科で診察を受け、その人に合った薬を処方してもらう処方薬です。

 

処方薬には軟膏タイプのものもあれば、服用するものもあり、症状とその状態によって薬が異なるので、皮膚科医と相談のもと処方を受けてください。

 

もう1つが今回説明する市販薬です。市販薬は一般のドラッグストアで買い求めることが出来ます。

 

ランキングの上位にある有名な市販薬は、クレアラシルやビフナイトがありますが、どちらも殺菌作用と炎症を鎮める効果があるため、赤ニキビにオススメです。

 

テラ・コートリルとは?

 

そして口コミで最も速効性を評価されている薬は「テラ・コートリル」です。

 

このテラ・コートリルは速効性が高いのに刺激が少ないため、敏感肌の人にも使えます。大人ニキビを覆うように塗り、絆創膏で覆って一晩おくと赤みが引いてしまうので、是非試してみてくださいね。

 

では、ニキビ跡に効果的な薬は?と聞かれると、残念ながら市販薬にはないのが現状です。

 

大人ニキビを悪化させてはいけないことを痛感しますね。なので、ニキビ跡は毎日のスキンケアの中で、徐々に改善していく事をオススメします。

 

今回説明する商品はニキビ後のシミ(色素沈着)に効果があるものなので、凸凹のニキビ跡の治療は皮膚科で行うようにしてください。

 

ニキビ跡におすすめのメルシアンとは?

 

ニキビ跡でランキング上位にある、基礎化粧品の一つに「メルシアン」というものがあります。

 

メルシアンは美容液でブースターの役割があるため、洗顔後すぐにメルシアンを使い、その後化粧水や乳液などを浸透させていきます。

 

メルシアンを使うことで肌のターンオーバーを正常にし、ニキビ跡を改善していきます。美容液を使っていない、何にしようか迷っている…という方は一度使ってみてはいかがでしょうか?

 

ニキビ薬について、大まかに説明してきましたが、ニキビ薬はあくまで対処療法にすぎません。ニキビ薬を付けても、不摂生で肌荒れている状態ではニキビとのいたちごっこです。

 

食生活の改善や生活リズムの構築など、根本的な治療は継続して続けていきましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る

おすすめのニキビ薬とは?関連ページ

大人ニキビの原因とは?
大人ニキビの特徴や原因について、詳しく解説しています。大人ニキビの治し方やスキンケアの方法など、紹介しています。大人にきびの特徴として、背中ニキビや、フェイスラインや顎、首などに出来やすいことについて、説明しています。
ニキビ跡の対処法について!
スキンケアの注意点
ニキビケアのポイント
根本から見直す方法とは?