大人ニキビのスキンケアの注意点

間違ったスキンケアで毛穴に皮脂をつまらせてしまっていることが!!

 

クリニックを訪れるニキビの患者さんの症状のなかで、今もっとも多いのが、皮脂が多く出ているけれど水分が不足している肌です。

 

この症状の患者さんは、ほとんどの人が、治りにくいニキビがあるのに、乾燥も気になるという悩みで、クリニックを訪れます。

 

診断してみると、確かに肌がカサカサとしていて、水分が不足しているのですが、かたいニキビがあり、さらに毛穴を見ると大人ニキビのできはじめである、ポメドがたくさんできています。

 

つまり、皮脂分泌が盛んで、皮脂が毛穴を詰まらせてしまっているのです。

 

オイリーな乾燥肌になってしまう原因とは?

 

こうした、オイリーな乾燥肌になってしまう原因には、以下のことが考えられます。

 

乳液やオイル、クリームを多く使っている。 乾燥している肌に必要なものは水分です。 肌が力サついて困ったとき、たっぷり使いたいのが化粧水です。 それでもまだカサカサしている場合は美容液を使用します。

 

この2つのアイテムを重要視しないで 、乳液やクリーム、オイルをたくさん塗っても 、油分で皮膚はコーティングされますが、肌はみずみずしくないまま。

 

油分だけが残り、テカってしまいます。乳液やクリーム、オイルを使うなら、化粧水と美容液を使ったあと、まだ乾く部分にのみ使います。 洗い上がりがしっとりする洗顔料やクレンジング料を使っている。

 

洗顔後の肌がしっとりするタイプの洗顔料や、オイルタイプのように油分の多いクレンジング料を使うと、洗顔料を使ったあとでも肌に油分が残りがちです。

 

油膜がはっている上から化粧水などで水分を与えても、 充分浸透しません。 これを続けていると、 やはり水分が足りなくなり、オイリーな肌になってしまいます。

 

若いうちからの老化対策は良いことなの?

 

皮脂分泌が盛んな年齢なのに、 エイジング効果のあるクリームを、顔全体に塗っている方が増えてきています。

 

20代前半から始まるといわれている、老化現象防止に対する化粧品が話題になってきているのも、要因だと思います。数年先の肌もきれいでいたいですし、早めに肌老化対策をすることは、とても良いことだと思います。

 

しかし、まだまだ皮脂の分泌が盛んな肌に、エイジング用のクリームを使うのは、オイリー肌を助長させてしまいます。

 

さらに、余分な皮脂と化 粧品による油が、洗顔で落としきれず、肌に油膜を残してしまい、そのあとに使う化粧水の 浸透を悪くしてしまうことにもなります。こうしたお手入れを続けていることで、テカっているのにカサつく肌になってしまいます。

 

皮脂分泌が盛んな世代には、同じアンチエイジング用の化粧品でも、油分を含まない美容液やジェルタイプで、さっぱりとした使用感のもの使うのが良いですね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る

スキンケアの注意点関連ページ

大人ニキビの原因とは?
大人ニキビの特徴や原因について、詳しく解説しています。大人ニキビの治し方やスキンケアの方法など、紹介しています。大人にきびの特徴として、背中ニキビや、フェイスラインや顎、首などに出来やすいことについて、説明しています。
ニキビ跡の対処法について!
おすすめのニキビ薬とは?
ニキビケアのポイント
根本から見直す方法とは?