大人ニキビ跡の正しい対処法とは?

ニキビ跡には大きく2つの種類にわけられます!

 

普段から気を付けているつもりだったんだけど、夜更かししたらニキビが悪化!なんてことよくありますよね。

 

ニキビは放置しておくとだんだんと悪化し、上皮の下の真皮にまで至ってしまうことも。

 

そうなると心配なのが「ニキビ跡」です。ニキビは炎症なので徐々に治っていきますが、ニキビ跡の治療は長丁場!どうしていいか分からず、肌の表面がお月様のようにクレーターだらけに…。

 

では、ニキビ跡にはどんな治療法があるのでしょうか?ニキビ跡のメカニズムと共に解説してきましょう。

 

一言で「ニキビ跡」といっても、状態によっていくつかの種類に分けられます。今回は大きく2つ「色素沈着」と「陥没」について説明します。

 

色素沈着とは?

 

まず、一般的に多くみられるのが「色素沈着」です。

 

ニキビができて、肌に炎症が起こるとき、肌を守ろうとして「メラニン」が生成されます。

 

その段階では、まだ色がないのですが、徐々に形を変えながら、最終的に「黒色メラニン」へと変化します。

 

黒色メラニンは肌の角質層にとどまり、それが茶色く見えるんですね。その状態を一般的に色素沈着「シミ」と呼んでいます。

 

対処法としてはハイドロキノン軟膏でメラニン生成を止める方法があります。

 

そもそもシミの原因となるメラニンそのものを作らない方法です。別名「肌の漂白剤」とも呼ばれます。

 

しかし、漂白剤という表現からも分かるように、肌への負担が大きく、かゆみや発赤などの副作用もある薬ですので、敏感肌や延焼中の肌にはNG。

 

肌のターンオーバーを正常にすることが大事!

 

そこでオススメの対処法は肌のターンオーバーを正常にすることです。

 

そもそも、思春期ニキビでもメラニンは生成されているのにシミにならないのは、肌のターンオーバーが正常に行われるため、色素沈着した角質が代謝されていくから。

 

加齢に伴って乱れてしまったターンオーバーを正常な周期に戻してあげれば、シミもなくなっていくんですね。

 

ターンオーバーを正常化する方法はズバリ「保湿」!正しいスキンケアで肌のバリア機能をあげることが大切です。

 

また、同時に肌を乾燥させる働きのある男性ホルモンの過剰分泌を防ぐことも重要です。

 

そのためには女性ホルモンバランスを正常に整える必要があるので、大豆イソフラボンやマカ、亜鉛など、女性ホルモンに効果のあるサプリメントを摂取することをオススメします。

 

陥没した肌について

 

では「陥没」についても説明していきましょう。肌の陥没、つまりクレーターニキビ跡ですね。

 

これは、ニキビが悪化し、その炎症が真皮にまで及んだ場合に、炎症が治まっても傷ついてしまった真皮を治そうと瘢痕組織が出来て しまうことで生じます。

 

こうなったら自宅での治療は長期戦となりますし、完治させるには病院に行かなくてはいけません。自宅でできる対策としては、ピーリングとターンオーバーの正常化です。

 

ピーリングは肌の古い角質を取り除くことで、ターンオーバーを起こすことを目的としています。

 

しかし、用法を間違ってしまうと肌に大きな負担を与えて逆効果。しっかりと説明を読んで使いましょう。そして、ターンオーバーの正常化はシミと同じ原理です。

 

しかし、どちらの治療も真皮にまで達している場合にはあまり効果がありません。皮膚科に通うことをお勧めします。

 

ニキビ跡は出来てしまうと大変な努力が必要となります。日頃からしっかり保湿を行い、生活習慣を整えて、ニキビ予防をすることが 一番重要ですね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る

ニキビ跡の対処法について!関連ページ

大人ニキビの原因とは?
大人ニキビの特徴や原因について、詳しく解説しています。大人ニキビの治し方やスキンケアの方法など、紹介しています。大人にきびの特徴として、背中ニキビや、フェイスラインや顎、首などに出来やすいことについて、説明しています。
おすすめのニキビ薬とは?
スキンケアの注意点
ニキビケアのポイント
根本から見直す方法とは?