治りにくい凸凹した背中のクレーター跡を治す方法!

凸凹したクレーターのニキビ跡について!

 

背中ニキビ クレーター,背中ニキビ 跡

背中にできたニキビは顔よりも跡が残りやすいものです。せっかくニキビの炎症が治っても、跡が消えずに悩んでいる人は多いですよね。

 

特にクレーターのように凸凹した状態になってしまうと、自然に消えていくということはありません。しかし、諦めてはいけないのです。正しい治療をすれば、綺麗な背中を取り戻すことも可能です。

 

ニキビ跡には3つのタイプがあります。色素沈着した跡、赤みを帯びている跡、そして今回紹介するクレーターのように凸凹した跡です。

 

クレーター状のへこみは、ニキビの激しい炎症の広がりを抑えようと白血球が皮膚組織を破壊し、その際に真皮部分が傷つけられたことによってできます。

 

真皮には皮膚を作る役割があり、これが傷ついたことで新しい皮膚を作り出すことができなくなっているのです。さらに、真皮組織の破壊が複雑だと皮膚の修復にムラが生じ、凸凹した跡になってしまいます。

 

このクレーター状態のニキビ跡は、ダメージの広さや深さによって3つのタイプに分けられます。

 

まず、幅2mm程度の円錐状のへこみがあるアイスピックタイプ、次に幅4mm以上で平らな部分が少なく緩やかに陥没したローリングタイプがあります。

 

そして箱型に陥没し、へこみの底が平坦になっている円形から楕円形の跡は、ボックスカータイプと呼ばれます。

 

ピーリング石鹸がセルフケアでは有効!

 

背中ニキビ クレーター,背中ニキビ 跡

クレーターのようなデコボコは、セルフケアで治すことは難しい、皮膚科や美容クリニックに行くのが良いでしょう。

 

炭酸ガスレーザーや赤外線レーザーなどでピーリング効果を得たり、凸凹を目立たなくしたりする治療が行われています。

 

しかし、凸凹はほとんどないという方や、まだ浅い状態という方は自宅でのケアから始めてみることも可能です。その場合、ピーリング効果のある石鹸を使います。

 

これは古い角質を取り除いて、新たな角質に創られ変わらせることが出来る石鹸となります。デコボコした跡を消すことは難しいのですが、目立たなくすることができます。

 

また、保湿も大事なので、導入化粧水を使って肌を柔らかくし、その後に栄養のある化粧水や乳液を使うと良いでしょう。

 

治らないと思って放置していると、どんどん悪化してしまいます。まずは自宅ケアからでも良いので、治療への一歩を踏み出してみて下さいね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る

諦めないで!背中ニキビのクレーターを治す方法関連ページ

ピーリング石鹸の効果とは?
背中ニキビの跡ってなかなか治りづらいものです。そこで、背中ニキビに効果があるピーリング石鹸の効果について、詳しく紹介しています。ピーリングの効果や使用方法、間違った使い方をしないために注意点についても解説しています。
色素沈着した背中のニキビ跡を消す方法
背中ニキビ跡で悩まされている方も多いと思います。ニキビ跡は大きくわけて3種類ありますが、ここでは色素沈着した背中のニキビ跡の治療方法について、詳しく解説しています。ピーリングかレーザーの治療になりますが、その方法について紹介しています。
背中ニキビを克服するには、まず自分の状態を知ること
赤くなった背中ニキビは、お風呂で治す!