背中にきびの状態を把握する!

3つの種類の背中ニキビの跡とは?

 

背中ニキビ 克服,背中ニキビ 治療

ニキビといえば、思春期に顔にできるイメージが強いですが、大人になってからは背中ニキビに悩まされているという人も多いのではないでしょうか。

 

顔と比べてすぐに気が付きにくく、いつの間にかひどくなってしまいがちです。

 

最初は小さいニキビ1つでも、放っておくと繋がって大きくなり、炎症が広がってしまうこともあります。

 

そして治ったとしても、跡が消えないと悩む人も多いですよね。背中は顔に比べて皮膚が平らなので、跡が残りやすいのです。

 

そこで、まずは自分の背中の状態を把握してみましょう。背中ニキビの跡には、3つの種類があります。

 

まず1つは、赤紫や黒、茶色に色素沈着している跡です。これは、ニキビの炎症により毛細血管が破壊され、血液中のヘモグロビンが黒く変色したことが原因です。

 

次に、皮膚が赤くなった跡があります。これは、肌の表面 では治ったニキビの炎症が、内部では治まっていない状態です。

 

基本的には時間の経過と共に消えますが、紫外線を浴びると色素沈着が起こる可能性があるので注意が必要です。また、1年以上経過しても改善されない場合は、角層を越えて真皮までダメージを受けているひどい状態です。

 

そして、3つ目が1番ひどいクレーター状のニキビ跡です。ニキビが化膿して真皮に達し、その傷が均等に修復されないと、このような跡が残ります。

 

この状態になると、もう自然に完治はしないので、何か治す努力をしなければいけません。

 

ニキビ跡の治療法やお手入れ方法について

 

背中ニキビ 克服,背中ニキビ 治療

治療方法には数多くの種類がありますが、とりあえずは簡単に化粧水を使った手入れをするのがいいでしょう。

 

まず洗い方ですが、ニキビ跡に炎症を起こしているニキビが混在し ている場合は、ぬるま湯で優しく流すだけにします。

 

水を拭く時も、こすらずに上から優しく押さえるようにし、刺激を与えないように気を付けて下さい。

 

炎症が治まったら保湿効果の高い化粧水を塗るのですが、治ったばかりの肌はごわついていて、化粧水や乳液がうまく浸透しません。

 

そこで、まずは導入化粧水を使い、肌を柔らかくします。それにより、化粧水や美容液の栄養が肌に受け入れられるようになり、保湿力が高まります。

 

背中は自分ではなかなか見ることがありません。まだ軽いニキビだから、と油断しているとどんどんひどくなってしまいます。

 

日頃から自分の背中の状態を知っておくことで、キレイな背中を目指してみて下さい。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る

背中ニキビを克服するには、まず自分の状態を知ること関連ページ

ピーリング石鹸の効果とは?
背中ニキビの跡ってなかなか治りづらいものです。そこで、背中ニキビに効果があるピーリング石鹸の効果について、詳しく紹介しています。ピーリングの効果や使用方法、間違った使い方をしないために注意点についても解説しています。
色素沈着した背中のニキビ跡を消す方法
背中ニキビ跡で悩まされている方も多いと思います。ニキビ跡は大きくわけて3種類ありますが、ここでは色素沈着した背中のニキビ跡の治療方法について、詳しく解説しています。ピーリングかレーザーの治療になりますが、その方法について紹介しています。
赤くなった背中ニキビは、お風呂で治す!
諦めないで!背中ニキビのクレーターを治す方法