背中の赤にきびを治す方法!

赤いブツブツは短期間で治せます!

 

背中ニキビ お風呂,背中にきび 赤ニキビ

大人ニキビとして、様々な世代の人を悩ませている背中ニキビですが、せっかく治っても 跡が残り困っている人も多いようです。

 

顔と比べて皮膚が平らな為、跡が残りやすいのです。跡が残る前に、しっかりと正しく治しておきたいですよね。ここでは、その中でも特に赤みのあるニキビを治す方法を紹介します。

 

背中ニキビにも、いろいろな段階があります。あまりにも酷く化膿している状態や、クレーター状の跡になってしまっている時は、それに合った治療が必要です

 

しかし、まだ赤いブツブツができている段階なら、お風呂の入り方次第で短期間で治せるのです。まず洗い方ですが、ごしごしと擦るのは絶対にやめて下さい。

 

強く擦った方が、汚れを落としているような気がしてしまうものですが、角質にはバリア機能があり、水分が蒸発しすぎないよう守っているので無くなると困ります。

 

また、皮脂には肌を乾燥から守る役割があります。つまり、皮脂を落とし過ぎると、逆にニキビの原因になってしまいます。

 

ニキビを傷つけてしまうのでてでやさしく洗うのがコツ!

 

背中ニキビ お風呂,背中にきび 赤ニキビ

ナイロンタオルやブラシなどを使うことはやめて、手で優しく洗いましょう。

 

泡立てネットを使って洗顔と同じように洗うのが効果的です。

 

さらに、洗う順番も重要です。必ず髪の毛、顔、体の順番で上から洗いましょう。

 

髪を洗い流すときにシャンプーやトリートメントが背中に残ると、菌が増えてニキビの栄養源になってしまいます。湯船に浸かっただけでは、流し残しは落ちないのです。

 

入浴後は清潔なバスタオルで体を拭きます。前日に使ったバスタオルには既に菌が付いているので、毎回洗って清潔なものを使いましょう。

 

そして、お風呂上がりは一番乾燥 しているので、保湿クリームでしっかりと保湿をします。せっかく毛穴の汚れや不要な皮脂が落ちても、肌が乾燥するとまた皮脂が大量に分泌されてしまうので意味がありません。

 

石鹸や保湿クリームは人それぞれ肌に合うものや好みのものがあると思いますが、肌に優しい無添加のものを使うのがおすすめです。背中ニキビが跡になってしまう前に、正しい入浴方法で予防し、綺麗な背中を手に入れてくださいね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る

赤くなった背中ニキビは、お風呂で治す!関連ページ

ピーリング石鹸の効果とは?
背中ニキビの跡ってなかなか治りづらいものです。そこで、背中ニキビに効果があるピーリング石鹸の効果について、詳しく紹介しています。ピーリングの効果や使用方法、間違った使い方をしないために注意点についても解説しています。
色素沈着した背中のニキビ跡を消す方法
背中ニキビ跡で悩まされている方も多いと思います。ニキビ跡は大きくわけて3種類ありますが、ここでは色素沈着した背中のニキビ跡の治療方法について、詳しく解説しています。ピーリングかレーザーの治療になりますが、その方法について紹介しています。
背中ニキビを克服するには、まず自分の状態を知ること
諦めないで!背中ニキビのクレーターを治す方法