背中ニキビに石鹸が効果的!

背中にきびを治す方法やケアについて!

 

背中ニキビ 石鹸,背中ニキビ 治療法 石鹸

肌の露出が多くなるこれからの時期に背中のぶつぶつ、いわゆる背中ニキビがあるとがっかりしますよね?

 

見えづらい場所なので気付きにくいうえ、ケアしにくいからいつの間にかひどい状態に。

 

おしゃれを楽しみたいのに、結婚式があるのに、彼氏とのお泊まりがあるのに、背中ニキビのせいでげんなり…

 

キレイな背中を目指すために、日頃の生活習慣や日頃のケアを見直してみましょう!

 

背中ニキビの原因は、顔ニキビ同様、背中ニキビの原因と言われるアクネ菌は背中の皮脂腺から出た皮脂をエサにします。

 

皮脂が多量に分泌されて詰まってしまった毛穴の中にアクネ菌が潜り込み、脂質を分解して毒性の過酸化 脂質を生み出します。

 

そしてそれをさらに悪化させてしまうのがマラセチア菌。マラセチア菌がニキビ内に入り込むと、皮脂をエサに遊離脂肪酸を生み出し、それが酸化することによって過酸化脂質になり、炎症に発展して本格的な赤く腫れたニキビにまで悪化してしまいます。

 

背中ニキビの予防は、顔のニキビケアと一緒で生活習慣を見直したり、規則正しい生活を心がけ掛け体を清潔に保つ事が大切です。

 

まずは、ホルモンバランスの乱れを解消する事で男性ホルモンを抑えるようにしましょう。男性ホルモンは皮脂を分泌を促進する作用があります。

 

睡眠時間を確保し、運動や音楽を聴くなどでストレスを溜めないようにしましょう。毛穴が詰まりにくい環境は、アクネ菌やマラセチア菌の増殖を防ぐ事ができます。

 

背中ニキビに適したお風呂ケアと石鹸選び

 

背中ニキビ 石鹸,背中ニキビ 治療法 石鹸

背中ニキビケアにはまず、お風呂でのケアを意識しましょう。体を洗うものには石鹸やボディーソープがありますが、ボディーソープには界面活性剤が含まれております。

 

そして界面活性剤は洗浄力が強すぎて、逆に肌が過剰に皮脂を分泌してしまい、背中ニキビを生み出すという悪循環に陥りやすいのでボディーソープではなく、石鹸を使用するようにしましょう。

 

AHAや酵素が含まれているものは、ピーリング作用があり、背中ニキビケアに効果的です。ただ肌が弱い人には刺激が強すぎる場合があります。

 

そんな人は無添加の石鹸や、弱アルカリ性で赤ちゃんでも使える、低刺激な石鹸を選びましょう。洗うときはゴシゴシ洗わず、しっかり泡立てて優しく洗うように心がけましょう。

 

背中ニキビの原因は乾燥もあります。肌が乾燥していると肌を保護するために皮脂膜を張ってしまうので、背中をしっかり保湿してあげる事で皮脂の過剰分泌を防ぐ事ができます。

 

お風呂に入った後に、化粧水やクリームで保湿する事も大切ですが、石鹸選びには保湿をしてくれる成分が入っているのもを選ぶようにしましょう。

 

また、シャンプーに含まれるシリコンは毛穴を詰まりやすくします。また洗い残した成分が背中にずっと残っていると毛穴を詰まりやすくさせます。

 

シャンプーはノンシリコンタイプのものを選んでみましょう。また洗い残しを防ぐために髪の毛を洗ってから体を洗うなどで清潔を保ちましょう。

 

背中ニキビのケアはすぐに効果が出るものではありません。背中ニキビが気になり出した人も、ずっと悩んでいる人もまずは、お家でのケアや生活習慣の見直しから始めてみるのがいいでしょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る