背中ニキビの原因やホルモンバランスとの関係性について

 

 

ホルモン バランスが崩れてしまうと、身体や肌に様々な症状が出て、
不調の原因になってしまいます。

 

 

背中ニキビはストレス、夜更し等による睡眠不足、栄養の不足した食事
など、生活習慣や食生活によって悪化してしまうのです。

 

ストレスが溜まるとすぐにホルモンの分泌に異常が出てしまいます。
ホルモンのバランスは、あるホルモンばかりが多すぎたり、少なすぎ
たりせずバランスが整っていることが重要です。

 

 

 

ホルモンバランスを整える対策方法は、

 

・ストレスを溜めないこと。
・ビタミンやミネラルなど栄養価の高い食事を心がけること。
・質の良い睡眠をとること。
・適度な運動(血流を良くすること。)

 

などが、挙げられます。

 

 

背中ニキビの原因はアクネ菌の繁殖や、汗腺からの脂質の過多が原因
だったりと、外的な要素も大きです。
また衣服からの菌、刺激など外的なケアと、同時に心のケアをする
ことも大切です。

 

 

 

ストレスは男性ホルモンと深く関係し、男性ホルモンを増やします。
また若返りホルモン(成長ホルモン)は細胞を新しく生まれ変わらせる
作用があり、美しい肌を作るには不可欠です。

 

 

成長ホルモンは通常、夜寝ている間に多く分泌されるので良質な睡眠を
とることもとても大切で、ニキビの原因を治しホルモンバランスを整え
るのに非常に効果的です。

 

 

また、ホルモンバランスの乱れが原因の大人のにきびは、顔以外にも背中、
デコルテによくできますがタバコの喫煙、チョコレートや甘いもの、
アーモンドなどの刺激物の摂取も悪化させる理由です。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る