思春期にきびに正しいケア!

思春期ニキビの原因って何?

 

思春期ニキビ,思春期ニキビ 原因

顔のTゾーンや口の周り、頬や鼻、背中やお尻などあらゆる場 所に出来ちゃうニキビって本当に嫌ですよね。

 

現代は小学生の女の子も美容に興味があって、化粧水を使っている女の子もいたりして、美肌ケアを行っている方は多いのでしょう。ただその手入れ方法、間違ったまま続けていると逆効果になる事もあるのです。

 

思春期ニキビの原因をちゃんと把握して、正しいケアが必要なのです。そもそも思春期ってどうして、ニキビが出来ちゃうのでしょう。

 

中学生くらいからの女の子や、男の子の殆どが経験した悩みであると思います。思春期は第二次成長期として、男性ホルモンが多く分泌されるのです。

 

この男性ホルモンの分泌が、皮脂腺を刺激して皮脂の分泌が増え、皮脂が急激に増える事から皮脂の排出機能が追いつかないのです。

 

結果毛穴に残った皮脂が古い角質となっ て毛穴をふさぎ、ニキビの原因でご存知のアクネ菌が増殖して肌トラブルにつながるのです。

 

思春期ニキビには終わりがあります!

 

思春期ニキビは主に、皮脂腺が多いTゾーンや頬に出来ることが多いのはそのためです。

 

ただ、思春期ニキビは青春のシンボルと言われるように終わりがあるので、次から次とニキビが出来てしまうような状態は、自然に改善していく事がほとんどです。

 

その他にも疲労や、睡眠不足、ストレス等によって自律神経がアンバランスになると交感神経が優勢になり、脳下垂体から副腎皮質ホルモンが沢山分泌されてしまい、結果的に男性ホルモンの分泌が数多くなってしまうことだってあるのです。

 

好きな音楽や香りなどを楽しんでリラックスして十分な睡眠を心がけ、正常な肌のターンオーバーを取り戻しましょう。

 

それでもニキビは痛いですし、顔に出来ると目立つので思春期の皆さんにとっては悩みの種ですよね。また放置したり、自己流で対処したり、潰してしまう事でニキビ跡が残ってしまう事もあるので、ニキビケアは重要ですよね。

 

刺激の少ない洗顔料や化粧水などのスキンケアを丁寧に行って、生活習慣を整え、ビタミン豊富な果物や野菜をしっかり摂取すると良いでしょう。

 

そして出来てしまったニキビには塗り薬などを用いて、あとの残らないようにしたいものですよね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る