ニキビ跡にならないようにするにはケアがちゃんとした大事

ニキビ跡にならないようにするには

 

思春期ニキビ ニキビ跡,思春期ニキビ 改善法

ニキビ跡を治すには、肌のターンオーバーを整え、肌本来が持っているバリア機能が正常に働くように、改善していく事が大前提なんです。

 

そうすれば、繰り返すニキビに悩む事も減っていきますよね。でも、根本的な改善ってどうしたらいいのでしょうか。

 

まずは、栄養バランスの取れた食事が一番大切、規則正しい生活を心がけて、根本からニキビケアをする事が大事。

 

炎症が拡大してしまったニキビは、色素沈着でシミのように跡が残ってしまったり、赤く炎症の跡が残ってしまったり、または凸凹のクレーター状になってしまったりと、憂鬱なニキビ跡は思春期の年代の男女どちらにとっても、コンプレックスになってしまう要因の一つです。

 

ニキビ跡を作らないためにも、ニキビが出来にくい肌へのスキン ケアが大切ですが出来てしまったら、それ以上炎症がひどくならないように炎症を鎮める手当てが必要です。

 

ただしい洗顔で余分な皮脂を取り除き保湿を心がける事で炎症を少しでも鎮めていきましょう。

 

思春期の中高生にとって最大の悩みのニキビ、跡が残らないようにするには洗顔の後にビタミンC誘導体を配合した化粧水や美容液を使うと、効果があるようです。

 

ニキビ跡にならないようにするスキンケアについて!

 

更にセラミドや、ヒアルロン酸などを含んだ保湿美容液や、乳液などでケアすると、更に効果あがあります。

 

ニキビ跡が赤くなっているのは、色素沈着しかかっている状態なので、放置するとシミになってしまいます。

 

ビタミンCなどの抗酸化成分を利用して、美白をしていくと良いでしょう。

 

ニキビ跡に出来た茶色いシミは、炎症を起した部分にメラニン色素が生成されてシミになってしまったもの。

 

改善するには、一般的にハイドロキノン成分を含んだクリームを用いると良いようですが、副作用があるので利用する場合は慎重に。

 

ただし、膿んで晴れてしまった跡に残ったクレーター状のニキビ跡は、自然治癒する可能性はほとんどなく、セルフケアで改善するのはとても難しいのです

 

やはり、美容皮膚科などに相談して、レーザー治療などが必要となってくるでしょう。

 

ただ、ケミカルピーリングやレーザー治療によって悪化する可能性もあるので、長い目でみれば肌本来のバリア機能を取り戻すために、ホルモン治療や保湿ケアを組み合わせていく事が、のぞましいようですね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る