思春期ニキビの正しいお手入れでニキビ跡を防止!

毛穴のつまりによる原因が多いにきび!

 

思春期のニキビも、大人ニキビも原因となるものはやはり毛穴のつまり。

 

肌が乾燥したり、ゴシゴシと間違った洗顔していたり、不規則な生活習慣や睡眠不足、喫煙や食生活の乱れ、無理なダイエットや冷えなど要因も様々。

 

思春期ニキビは、ホルモンバランスの乱れなどからも毛穴がつまり、ニキビが発生してしまうのです。

 

また強いストレスなどから肌トラブルがおきたり、ニキビが出来てしまう事もあるのです。

 

普段からリラックする出来る環境を整えたりして、出来るだけストレスを溜めない事も大事なのです。

 

主に中学生くらいから、高校生位までに出来るのが、思春期ニキビのピーク。

 

青春のシンボルともいわれますが、ブツブツと赤く出来てしまうニキビは悩みのたねですし、放っておくと悪化してしまうのでしっかりケアが必要です。

 

正しいお手入れをしないとニキビ跡になるので注意が必要!

 

思春期ニキビ お手入れ,思春期ニキビ ケア

10代のニキビは、成長に伴ってホルモンバランスが崩れ、皮脂が過剰に分泌され、それが毛穴につまり、アクネ菌が増殖してしまう事か起こる皮膚トラブルなんです。

 

時期が来てホルモンバランスが整えば改善していく事が多いのですが、ニキビ跡が残ってしまう事もあるので、早めにケアをしましょう。

 

余分な皮脂が、毛穴つまりをひき起こしていると言っても、洗いすぎは皮膚の乾燥をまねき、逆効果となってしまうのです。

 

スクラブ入りの洗顔料などで何度も洗うことで、必要な皮脂まで落としてしまったり、皮膚のバリア機能が破壊されたりするので、正しいお手入れをする事が必要です。

 

洗髪時にはシャンプーやリンスが残らないように、 優しくしっかり洗いながす、キレイなタオルで顔を抑えるように顔をふき、洗顔後は刺激の少ない化粧水や、保湿効果のある乳液で肌を整えると良いでしょう。

 

ニキビが出来ないようにするには、やはりバランスの取れた食事と十分な睡眠が必要。

 

肌の成長ホルモンは睡眠中に分泌されるので、肌のターンオーバーが正常に行われ美肌に効果的なのです。

 

夜10時〜翌2時の肌のゴールデンタイムには、しっかり睡眠をとってキレイな肌の基盤を作りましょう。

 

また、口の周りに出来るニキビは胃腸が弱っている可能性があるので野菜や果物、またはサプリなどを利用してビタミンBを摂取するようにすると良いでしょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る