思春期ニキビの特徴とケア方法を知ってニキビ跡を作らない!

思春期ニキビの特徴について!

 

思春期ニキビ 特徴,思春期ニキビ ケア

思春期ニキビは第二次成長期特有の、急激な成長のよるホルモンバランスの崩れから、皮脂分泌が過剰に行われ毛穴が詰まってしまう事が原因。

 

出来る場所も皮脂分泌の多いTゾーンから、小鼻にかけてと、頬に渡るまで広範囲に出来てしまうのです。また、顔以外では胸の中央部分等にできやすいでしょう。

 

大人ニキビは主に生活習慣や喫煙、ストレスや疲労など等多くの要因がありますが、思春期ニキビは皮脂量と肌の水分量のバランスを整える事が重要なので根本的な要因は大人ニキビとは違います。

 

ただ脂肪や糖質をとりすぎるとニキビが出来やすくなってしまうので、野菜や果物などビタミン類をしっかり摂取出来るようにしてあげましょう。またニキビ予防には十分な睡眠が欠かせません、夜遅くまで起きていたりすると肌のターンオーバーが乱れて肌代謝が悪くなってしまうのです。

 

中学生や高校生の女の子達にとって、ニキビのないキレイな肌はなにより大事。ニキビだらけでボツボツ出来てしまったお肌は、コンプレックスですよね。

 

思春期ニキビの予防はやはり正しい洗顔と保湿ケアです。1日に何度も何度も顔を洗ったり、刺激の強い石鹸などを使っての洗顔は、逆に肌トラブルを起す要因とな ってしまうので注意しましょう。

 

ピーリング石鹸などの刺激が強いのは注意が必要です!

 

肌には適度な皮脂が必要で、それを全部洗い流してしまうと、乾燥が原因でニキビが出来てしまう原因となって、ニキビがひどくなってしまう事もあるのです。

 

特にピーリング洗顔量などは刺激が強く、角質を取り除くピーリングでは肌を傷めてしまうのです。また思春期の年代は新陳代謝が活発で更に運動量も多く汗をかきやすい時期です。

 

この汗には汚れや菌がおおいのでニキビの原因にもなりやすいのです。汗をかいたらそのままにせず、柔らかいタオルで汗を抑え、毎日シャワーやお風呂でカラダを清潔に保つように心がけましょう。

 

中高生女子の場合は、前髪をおろしている事で髪の毛の汚れや蒸れなどから、おでこにニキビが出来やすいので要注意。一日の汚れを洗顔で優しく洗い流して、もちろん保湿も忘れないようにしてほしいのです。

 

中学生や高校生でも使えるような、低刺激で高品質の洗顔や化粧水など、思春期ニキビ専用のスキンケアを行うようにしましょう。

 

ニキビの原因の、毛穴の中のアクネ菌や汚れを十分に落とす事が出来て、更に肌の保湿ができる成分のスキンケア用品も、最近では色々出てきているので、是非試してほしいと思います。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る