混合肌の原因やケアについて!

混合肌になる主な原因とは?

 

水分量が少なめで、皮脂量が多く、部分的にカサカサしていたり、オイリーだったりするのが混合肌さんです。

 

日本人に多い肌質だと言われています。混合肌さんのニキビができる原因は、乾燥による水分不足から肌がバリア機能を失ってしまうことです。
乾燥したままになっている部分がカサカサ、乾燥を保護しようと皮膚が皮脂膜をはった部分がテカリとなって表れます。

 

つまり、乾燥による肌のトラブルが場所によって違う表れ方をしている状態です。

 

一般的には、額や鼻などのTゾーンがオイリーで、頬 やフェイスラインなどのUゾーンが乾燥するという方が多いようです。

 

混合肌になる原因としては、もともとの体質、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、食生活、紫外線、季節の変化などが考えられます。

 

中でも、女性で体に混合肌に悩んでいる方は、ストレスやホルモンバランスの乱れが原因となっていることが多いです。

 

ストレスがたまると、体内に活性酸素が大量に発生し、肌のハリが失われていきます。

 

また、免疫力が下がることで、アクネ菌が増殖し、ニキビができてしまうのです。

 

混合肌のニキビ対策とは!

 

混合肌さんのニキビ対策には『ホルモンバランスを整える』『ゾーンに応じたケア』が大切です。

 

◆皮脂を抑える食生活
・・・ナッツや糖分類などは控えるようにしましょう 。食べ物として体にとりいれた油分は、余分なものが肌の表面にテカリとなって表れます。

 

◆ゾーンに応じた洗顔
・・・2つの洗顔料を使い分けるのは難しいと思いますので、洗い方を工夫するとよいでしょう。保湿力が高いけれどさっぱりタイプの洗顔料がオススメです。Tゾーン→Uゾーンの順番に洗うことで、Uゾーンの皮脂を落としすぎないようにしましょう。また、化粧水はUゾーン→Tゾーンの順番につけるとよいでしょう。

 

◆ホルモンバランスを整える
・・・ホルモンバランスが崩れていると、大人ニキビを繰り返しやすくなってしまうので、サプリメントや食生活からホルモンバランスを整えていくことが大切です。

 

また、混合肌さんは、季節によっても肌の状態が変わりやすいのが特徴です。

 

今の自分の肌の状態をよく知り、肌にあったケアをしていくようにしましょう。

 

間違ったケアを続けていると、肌のトラブルは悪化し、どんどん深刻化してしまいます。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る

混合肌のニキビ対策方法について関連ページ

乾燥肌のニキビケアとは
肌には大きくわけて3種類ありますが、その中で肌がカサカワしている乾燥肌のニキビケアについて、詳しく解説しています。乾燥肌はいっけんニキビができなさそうに見えますが、じつはこの乾燥がニキビの原因になることについて、説明しています。
脂性肌のニキビを治す正しい洗顔について!
脂性肌の原因は、遺伝、ストレス、食生活などなど、規則正しい生活をすれば改善されることについて、説明しています。脂性肌のニキビを治す方法として、正しい洗顔をすることが大事であることについて、詳しく解説しています。